レアル中井卓大、名手アザールと“軽快”パス…トップ練習参加映像をスペイン紙公開

レアル下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

トップチームでの練習動画を「AS」紙公式YouTubeチャンネルが公開

 レアル・マドリードのフベニールB(U-18相当)に所属する17歳MF中井卓大が、自身のSNS上でトップチームの練習に参加している1枚の写真を公開し話題となったなか、スペインメディアはトレーニング中の動画を公開。ミニゲーム中のワンシーンでは、ベルギー代表MFエデン・アザールと軽快なパス交換も披露している。

“ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。順当にカテゴリーを上げ、今季からフベニールB(U-18相当)に所属する一方、昨年8月に開催されたフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグでは“飛び級”で登録された。

 卓越した能力に対する評価は高く、昨年10月の国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在のなかで、トップチームのトレーニングにも招集。現地メディアからも度々熱視線が注がれ、スペイン紙「AS」が選定したレアル下部組織「ベスト11」にフベニールBから唯一選ばれるなど、将来のトップチーム昇格にも期待が懸かる。

 その中井が自身のSNS上でトップチームの練習に参加している1枚の写真を公開。故障などにより人員不足に陥った影響から”お呼び”がかかったようで、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ベルギー代表MFエデン・アザールらとともに練習に励む姿に、「すんごいメンバーの中にいる」「この中で練習出来るのはすごいなー!」「えぐい」といった声があがるなど反響が寄せられた。

 さらに、スペイン紙「AS」の公式YouTubeチャンネルはトレーニング中の動画を公開。16日のアスレティック・ビルバオ戦前の監督会見の間に練習の様子が挟み込まれたもので、ミニゲーム中のワンシーンでは、ベルギー代表MFエデン・アザールと軽快なパス交換も披露。その姿からは不慣れな感じは見受けられず、スムーズに適応している様子がうかがえる。

 レアルの下部組織で切磋琢磨する一方、トップチームへの練習参加が認められるほどの評価を得られている中井は、17歳にして貴重な経験を積んでいるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング