バルセロナ、ネイマールの“再獲得”へ「78億円+選手」の基本方針を決定と現地報道

パリ・サンジェルマンでプレーするFWネイマール【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンでプレーするFWネイマール【写真:Getty Images】

グリーズマン&デンベレが挙げられていたが、PSGのニーズに応じて別選手も検討か

 スペインの強豪バルセロナは、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール再獲得に向け、金銭+選手のオファーを投じる基本方針が定まっているという。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。

 ネイマールは2017年夏にバルセロナからフランス王者PSGへ、2億2200万ユーロ(約293億円)という驚異的な移籍金で移った。そこから5年契約を結んだが、今季終了後には契約満了まで残り1年となった。

 PSGが契約延長を熱望して大型オファーを投じているという報道もあるなかで、バルセロナも再獲得を狙っているという。そして、新型コロナウイルスの影響による減収もあり、金銭のみで解決するオファーを投じることは不可能。そこで、選手の保有権を交渉に含めるのは自然な流れだと言える。

 バルセロナはPSGに対して、6000万ユーロ(約78億円)と選手の保有権で交渉を持ちかける用意を進めているという。

 選手に関しては未定という形。これまでに名前が挙がったのは、FWアントワーヌ・グリーズマンとFWウスマン・デンベレのフランス代表選手だったが、場合によってはPSGのニーズに応じる違う選手がクローズアップされる可能性もあるだろう。

 バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約延長問題も抱えるなかだが、ネイマール再獲得プランはどのような結末を迎えることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング