“昇格組”福岡に「村神降臨!?」 正GKの至近距離セーブにファン感嘆

好守を見せた福岡GK村上昌謙(写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】
好守を見せた福岡GK村上昌謙(写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】

福岡GK村上、ディエゴ・オリヴェイラのシュートを好守で無失点に貢献

 アビスパ福岡は17日、ホームでのJ1リーグ第10節でFC東京と対戦。1-0の完封勝利を飾り、同カードでクラブ史上初となる3連勝を飾った。DAZN公式ツイッターは、無失点を支えた守護神のファインセーブに注目している。

 昇格組の福岡は、鹿島アントラーズ撃破やセレッソ大阪とドローの戦いを演じるなど、2016年以来となるJ1の舞台で奮闘している。

 17日のFC東京戦でも、後半13分にブラジル人FWブルーノ・メンデスが挙げた1点を守り切って今季3勝目を挙げたが、勝ち点3に貢献したのがGK村上昌謙だ。

 DAZN公式ツイッターが「またしても村上昌謙!! 強烈シュートを弾き出した!」と取り上げたのは、前半40分のシーン。FC東京にサイドからクロスを上げられ、こぼれ球をFWディエゴ・オリヴェイラに豪快な右足ボレーを放たれたが、村上が鋭い反応ではじいてみせた。

 投稿のコメント欄には、「村上」の名前と「神」をかけて「今日も村神ってるな」「村神降臨!!!」といった声が上がり、ほかにも「これはえぐい」と反応を称える者もいた。データ分析会社「オプタ」によれば、福岡はFC東京戦ではクラブ史上初となる3連勝をマーク。村上の好守は、福岡がJ1の舞台で戦い抜くうえで不可欠となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング