南野の半年後は…? サウサンプトンの“成功事例”に現地注目「完全移籍が実現可能?」

サウサンプトンでプレーするMF南野拓実【写真:Getty Images】
サウサンプトンでプレーするMF南野拓実【写真:Getty Images】

今季終了後までサウサンプトンに期限付き移籍の南野「新たな憶測が飛び交っている」

 日本代表MF南野拓実は、今冬の移籍市場でリバプールからサウサンプトンへと期限付き移籍した。レンタル期間はシーズン終了までとなっているが、英メディアは「夏の完全移籍が実現可能か?」と、サウサンプトンが完全移籍で獲得する可能性に言及している。

 南野は今季リバプールで勝負の2シーズン目を迎え、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ戦7試合でわずか6分間の出場にとどまり、アタッカー陣の序列で最下層にまで転落。今冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへの期限付き移籍が決定した。

 現地時間2月6日の第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発して新天地デビューを果たすと、いきなり移籍後初ゴールを決める活躍。第24節ウォルバーハンプトン戦(1-2)でも2戦連続で先発を飾った。そんななか、スペイン1部の強豪セビージャが南野の獲得を画策していると同国メディアで報じられ、英国メディアも続々と取り上げている。

 英地元メディア「Hampshire Live」は「夏の完全移籍が実現可能か?」との見出しで、今季終了後にリバプールへ戻る予定の南野について、サウサンプトンが完全移籍で獲得する可能性に言及。南野は「リバプールの長期プロジェクト」と説明しながらも、過去の成功事例を振り返っている。

「サウサンプトンは南野の買い取りオプションを持っていない。しかし、レンタル移籍を成功させていたカイル・ウォーカー=ピーターズを昨夏に完全移籍でサインしている」と、昨年1月にトッテナムから半年間のレンタルで加入したイングランド人DFカイル・ウォーカー=ピーターズを、同年夏に完全移籍で獲得した背景を紹介している。

 一方で、「スペインからセビージャが彼の状況を監視している情報があり、今やこの日本代表の将来の長期的展望について、新たな憶測が飛び交っている」とも指摘している。リバプール復帰、サウサンプトンへ完全移籍、セビージャへ移籍……様々な選択肢が噂されているなか、南野はどのようなキャリアを歩むことになるのだろうか。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング