「練習でサッカーが上手くなる」は大間違い “習いごと”から脱却できない日本の現状

子供たちにとってのサッカーとは(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
子供たちにとってのサッカーとは(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

【識者コラム】日本の子供たちにとってサッカーは“娯楽”になっているのか

 リバプールで育ち、日本在住歴が30年間を超えるトニー・クロスビー氏が言っていた。

「リバプールだけでなく世界中の子供たちにとって、サッカーはやらされるものではなくて、どうしてもやらなくてはならないもの。だからどんな小さな場所でも見つけ出してやろうとする。でも日本の子供たちにとっては塾や水泳、空手なんかと一緒なんだろうな。サッカーは遊びではなくて習いごと。すべては先生に教わって終わりなんだろうな」

 サンパウロで育ち、コリンチャンスとプロ契約を交わしたセルジオ越後氏は、こう語っていた。

「練習をしたらサッカーが上手くなるというのは大間違い。ブラジルでは上手くなった子が練習をするようになる」

 ブラジルの子供たちは、無数に存在する草サッカーチームで試合をするようになる。上手い子はどんどん引き抜かれ、下手な子は自分でも試合に出られるチームに移っていく。「だから補欠は1人もいない」のだという。

 地球上のスポーツでサッカーが最も人気を集めているのは、手軽に楽しめる健康的な娯楽だからだ。誰でも入口をくぐりやすいので、飛びついてみるとそれが病みつきになる。

 ところが日本の子供たちにとって、サッカーは依然として手近な遊びになっていない。大人がどんどん敷居を上げているからだ。

 知人が中学に肢体不自由児の補助に出かけている。この学校の体育の授業で、しばらくサッカーをすることになった。体育を受け持つ女性教諭がサッカーは不得意なのか、特別に外部から専門のコーチを呼んだ。だが、おそらくこの判断は裏目に出た。

 わざわざ外部から招聘されるサッカー経験者なので、最低限のライセンスくらいは取得しているだろう。しかし若い男性指導者は、サッカー未経験の女子生徒たちに基礎から教え込もうとした。リフティング、コーン当てキックなどの課題を出し、ある程度全員がクリアしたら試合を行うと話した。結局まだボールに馴染めない生徒は、球拾いには汗をかいても、コーン当ての待ち時間で体が冷えることになった。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング