「息をのむ美しさ」 イタリア人MF、“時を止める”芸術ループ弾に称賛「スゴすぎ」

スペツィアの勝利に貢献したMFリッカルド・サポナーラ【写真:Getty Images】
スペツィアの勝利に貢献したMFリッカルド・サポナーラ【写真:Getty Images】

スペツィアがローマを破りコッパ・イタリア8強進出、サポナーラの4点目が話題

 クラブ創設114年目にして今季初のセリエAを戦うスペツィアが、コッパ・イタリアでも快進撃を続けている。現地時間19日に行われたベスト16の一戦で、強豪ローマを延長戦の末に4-2で破り準々決勝に進出。その試合で勝利を決定づける4点目を決めたMFリッカルド・サポナーラの一撃が、「息をのむ美しさ」などと反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 初参戦のセリエAでも、4勝6分8敗の13位と健闘しているスペツィアが、コッパ・イタリアの舞台でも番狂わせを巻き起こした。強豪ローマとの敵地スタディオ・オリンピコでのゲームは、開始早々の6分にFWアンドレイ・ガラビノフがPKを決めて先制すると、同15分にサポナーラのゴールで2-0とリード。その後は地力に勝るローマの反撃を受け、同43分と後半28分に失点し、2-2で勝負は延長戦にもつれ込んだ。

 試合が大きく動いたのは、延長前半1分だった。ローマDFジャンルカ・マンチーニが2枚目のイエローカードを受けて退場すると直後の同2分にはローマGKパウ・ロペスが一発退場というまさかの展開で、スペツィアが数的優位に立った。そして延長後半2分、スペツィアはFWダニエレ・ヴェルデのゴールで3-2と勝ち越した。

 話題となっているゴールが生まれたのは、終了間際の延長後半14分だ。2人少ないローマが同点を狙うも、広大な中盤のスペースをカバーしきれず、セカンドボールを次々とスペツィアの選手が拾っていく。そして敵陣左サイドでMFマッテオ・リッチのパスを受けたサポナーラが中央へドリブルを開始。相手最終ラインも下がってプレッシャーをかけてこないなか、サポナーラは滑らかなモーションからチップキックでシュートを放つ。緩やかなカーブを描いた絶妙なループシュートに完全に意表をつかれた途中出場のローマGKダニエル・フザトは、反応がやや遅れてしまい必死に飛びつくもボールは無情にもネットの中へ吸い込まれた。

 この芸術的な一撃を、DAZN公式ツイッターが「息をのむ美しさ 120分の死闘にピリオドを打つ、サポナーラの時を止めるようなチップキック」と綴り映像を投稿すると、ファンからは「うめぇ~!!!!」「スゴすぎ」「めちゃくちゃ綺麗」「美しすぎる」「エロいなー」「こういうの大好き」など称賛の声が上がっていた。

 相手に2人の退場者が出て、プレッシャーがかからなくなっていた点は差し引いて考える必要があるものの、先発フル出場の選手が120分を戦ったあの時間帯に、あれほど繊細なタッチでループシュートを決めきるのは、世界トップレベルで戦う選手だからこその芸当だろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」