「たくさんの想いを感じる」 名古屋移籍の柿谷、「14番の君」へのラストメッセージが感動拡大

名古屋移籍が決定した元日本代表FW柿谷曜一朗【写真:小林 靖】
名古屋移籍が決定した元日本代表FW柿谷曜一朗【写真:小林 靖】

下部組織時代から長い時間をともに過ごした生え抜きの丸橋と最後の2ショットを投稿

 元日本代表FW柿谷曜一朗は、12月24日にセレッソ大阪から名古屋グランパスへの完全移籍が発表された。クラブの象徴である「8番」の退団は大きな注目を集めたなか、本人は公式インスタグラムで綴った“14番の君”とのラストショットが「泣ける」と感動を呼んでいる。

 4歳からC大阪の下部組織で育った柿谷は、2006年にトップチームに昇格してJ1デビュー。その後、徳島ヴォルティスでの“武者修行”を経てC大阪に復帰すると、翌13年からはクラブの象徴である「8番」を託された。

 卓越したテクニックで“ジーニアス”の異名を取り、2013年には日本代表デビュー。14年にはスイス1部バーゼルへ海外移籍も果たした。16年からC大阪に復帰してチームの中軸を担ってきたが、リーグ戦24試合1得点だった今季はほとんどが途中出場だった。

 24日に名古屋への完全移籍が発表された柿谷は、自身の公式インスタグラムを更新。C大阪、そして新天地である名古屋のサポーターへの思いを綴るとともに、学年では1つ違いも、同じ1990年生まれでC大阪下部組織出身の生え抜きであるDF丸橋祐介にもメッセージを送っていた。

「#サポーターのみなさん #寒い中ありがとう #長居での最後の写真 #14番の君 #最後の最後まで #支えてくれて #ありがとう」

 柿谷は丸橋と長居のピッチで満面の笑みを浮かべる2ショットを投稿で添えており、ファンからの反響も拡大している。

「柿谷のインスタの丸橋へのメッセージはやっぱ悲しいものはある」
「柿谷のインスタ泣ける」
「少ないけど丸橋へのメッセージに沢山の想いを感じる、、写真もやばい」

 様々な選手とプレーしてきたなかで、柿谷にとっても10年以上の時を過ごしてきた盟友・丸橋の存在は特別なようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド