カバーニは「レッドカードを食らっていた」 元英代表FWが“のど掴み”の蛮行に言及

ユナイテッドFWカバーニ(中央)が主審に抗議する様子【写真:Getty Images】
ユナイテッドFWカバーニ(中央)が主審に抗議する様子【写真:Getty Images】

VARの導入されていないカラバオカップ準々決勝で“疑惑のシーン”が発生

 マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、現地時間23日に行われたカラバオカップ準々決勝エバートン戦(2-0)で決勝点を奪った一方、試合中に見せた“のど掴み攻撃”がお咎めなしに終わったことが反響を呼んでいる。元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏も「VARならレッドカード」と指摘している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 準決勝進出を懸けた一戦は拮抗した展開となり、後半43分にカバーニのゴールでユナイテッドが均衡を破る。さらに、同アディショナルタイムにはフランス代表FWアンソニー・マルシアルが追加点を挙げて2-0と勝利し、マンチェスター・シティとの準決勝に駒を進めた。

 劇的な勝利の立役者となったのはカバーニだが、問題となっているのは後半7分のシーンだ。エバートンのコロンビア代表DFジェリー・ミナともつれ合うようになったカバーニは、ミナの首を掴んで押し倒すという蛮行に出ていた。ミナはピッチに打ちつけられる格好となったが、カバーニにはイエローカードすら提示されることはなかった。カラバオカップではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が採用されておらず、カバーニはその恩恵を受ける形となった。

 英紙「ザ・サン」によれば、エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は試合後、「このゲームにVARはなく、レフェリーはカバーニが何も間違ったことをしなかったと判断した。だから、それを受け入れる必要がある。それだけだ」と無念さを滲ませたという。

 そして、かつて名古屋グランパスエイト(当時)でもプレーした元イングランド代表FWリネカー氏は、自身のツイッターで「カバーニはVARならレッドカードを食らっていただろう」と指摘している。

 しばらくはカバーニの“問題プレー”が話題になるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング