奥川雅也の“ノイアー撃破弾”に海外注目 「オクガワの同点弾でザルツブルクがバイエルンを驚かせた」

バイエルン戦で一時は同点となるゴールを決めたザルツブルクMF奥川雅也(左から2番目)【写真:Getty Images】
バイエルン戦で一時は同点となるゴールを決めたザルツブルクMF奥川雅也(左から2番目)【写真:Getty Images】

後半20分から途中出場した直後、流れるような動きから一時は同点とするCL初ゴール

 オーストリア1部ザルツブルクのMF奥川雅也は、現地時間3日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第3節バイエルン戦(2-6)で自身CL初ゴールを記録。前回大会王者を相手に存在感を示し、海外メディアも「オクガワの同点弾でザルツブルクがバイエルンを驚かせた」と報じている。

 ホームで強豪バイエルンを迎え撃ったザルツブルクは、前半4分にドイツ人FWメルギム・ベリシャのゴールで幸先よく先制したが、PK献上とオウンゴールで前半のうちに逆転を許して1-2で後半へ入った。

 そして後半20分、ベンチスタートだった奥川はオーストリア代表DFズラトコ・ユヌゾヴィッチに代わってピッチへ。その1分後、ゴール前で相手のマークを外してDFアンドレ・ラマーリョからのラストパスを受けると、左足でワントラップしてゴール左隅へのシュートを流し込み、一時は2-2の同点に追いついた。

 その後、一気に4ゴールを奪われて欧州王者の力を見せつけられる結果となったが、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの牙城を崩す自身のCL初ゴールを受け、ザルツブルク公式ツイッター日本語版は「本日のバイエルン・ミュンヘン戦ではジョーカー的な役割を担った奥川雅也選手」とレポート。ポルトガルメディア「Maisfutebol」も「オクガワの同点弾でザルツブルクがバイエルンを驚かせた」とゴール動画とともに伝えている。

 今季リーグ戦でここまでノーゴールだった奥川だが、この得点をきっかけに勢いに乗りたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング