南野&ソン・フンミンの“日韓揃い踏み弾”にAFC注目「アジアのスターたちが火を噴いた!」

同日得点をマークし活躍しているトッテナムFWソン・フンミン(左)とリバプールMF南野拓実【写真:AP】
同日得点をマークし活躍しているトッテナムFWソン・フンミン(左)とリバプールMF南野拓実【写真:AP】

リンカーン戦で2ゴール1アシストを記録した南野 ソン・フンミンも同日にゴール

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間24日、カラバオカップ3回戦のリンカーン・シティ戦に先発フル出場し、2ゴール1アシストの活躍を残し、7-2の快勝に大きく貢献した。AFC(アジアサッカー連盟)は同日に得点したトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンと並列して「アジアのスターたちが火を噴いた!」と取り上げている。

 プレシーズンでは印象的なパフォーマンスを披露していた南野だが、開幕戦のリーズ・ユナイテッド戦(4-3)では出番は回ってこず、第2節のチェルシー戦(2-0)でも後半41分からの出場にとどまっていた。そんななか、リンカーン戦ではオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク以外の全員が入れ替わり、南野は3トップの中央で先発を飾った

 1-0で迎えた前半18分、ペナルティーエリア手前でボールを拾った南野が右足を振り抜くと、強烈なミドル弾をゴール右上に突き刺した。さらに4-0で迎えた後半1分、相手GKが弾いたボールにいち早く反応した南野が押し込み、この日2点目を記録した。6-2で迎えた後半44分にはベルギー代表FWディボック・オリギの追加点を御膳立てしている。

 2ゴール1アシストと殊勲の活躍を披露した南野だが、ソン・フンミンも同日に行われたUEFAヨーロッパ(EL)予備予選3回戦のシュケンディヤ戦(3-1)で1ゴールを記録したこともあり、AFCは公式ツイッターで「アジアのスターたちが火を噴いた! ソン・フンミンと南野拓実が同日にスコアを動かした」と投稿し、日韓両エースの活躍注目している。

 世界最難関のリーグと評されているイングランドだが、ソン・フンミンは長年にわたりプレミアリーグの代表格として存在感を放っており、今年1月に加入した南野も今夏のプレシーズンから頭角を現している。2人がイングランドの舞台で活躍することは、アジアサッカーにとっても重要な意味を持つことは確かだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング