南野に強力ライバル… リバプール、熾烈なポジション争いに英紙注目「気が休まらない」

リバプールMFディオゴ・ジョッタ(左)とMF南野拓実【写真:Getty Images & AP】
リバプールMFディオゴ・ジョッタ(左)とMF南野拓実【写真:Getty Images & AP】

ジョッタを獲得したリバプール 中盤とアタッカーは選手が飽和状態に…

 リバプールは現地時間18日、バイエルン・ミュンヘンからスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの獲得を発表した。さらに、同19日にはウルヴァーハンプトンからポルトガル代表MFディオゴ・ジョッタの獲得も正式発表。これを受け、英メディアはリバプールの熾烈なポジション争いに注目している。

 昨季30年ぶりにリーグ制覇を果たしたリバプールにとって、今季は王者として連覇を目指すシーズンとなるが、今夏の移籍市場ではライバルチームが積極的な大型補強を敢行するなか、左サイドバック(SB)のバックアッパーとしてオリンピアコスからギリシャ代表DFコスタス・ツィミカスの獲得にとどまっており、静観な姿勢を見せていた。

 一方、開幕戦では昇格組のリーズ・ユナイテッドと対戦したが、4-3と本拠地アンフィールドで思わぬ大苦戦を強いられていた。国内では連覇への懸念を取り沙汰されていたが、かねてから噂されていたチアゴの獲得を発表。世界トップクラスのゲームメーカーを手中に収めることに成功したが、立て続いて23歳のジョッタの獲得も成功した。

 これを受け、英紙「デイリー・メール」は「リバプールは仰天の2500万ポンド(約30億円)でチアゴを引き抜き、ジョッタを4100万ポンド(約45億円)で獲得し、クロップは大金をはたくことでプレミアリーグ防衛に向けた断固たる声明を出した」と見出しを打ち、「ジョッタはサラー、フィルミーノ、マネのバックアップを務めるために加入した」と取り上げている。

 ジョッタは前線であればどこでもプレーできるユーティリティー性を備えている点では、日本代表MF南野拓実と同じストロングポイントを持つ最大のライバルとなることが予想されるが、「3つの中盤のポジションに8人の選手を抱え、ジョッタと南野が前線でチャンスを待つ。一部の選手は気が休まらないかもしれないが、クロップは個人を幸せにすることにはこだわらない姿勢を示している」と説明した。

 一気に補強を進めたことで、特に前線は選手が飽和状態にあるが、ジョッタは3トップのどこでも起用できることに加え、4-2-3-1システムでもトップ下を得意とする選手であることから、南野にとっては限られたチャンスの中でジョッタを凌ぐアピールが求められそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング