「うちも学ばないと」 浦和DF槙野智章、激闘の札幌戦から感じた課題と可能性とは?

2018年以来のリーグ戦でのゴールを決めた浦和レッズDF槙野智章【写真:高橋学】
2018年以来のリーグ戦でのゴールを決めた浦和レッズDF槙野智章【写真:高橋学】

2点を先制しながら3連続失点 槙野はクロスからの失点が多い部分を課題に指摘

 浦和レッズは13日に行われたJ1リーグ第16節で、北海道コンサドーレ札幌との激闘を4-3で制した。首尾よく2点を先行した試合展開も、3点を奪われて逆転。さらに再逆転しての勝利という展開に、DF槙野智章は手応えと課題の両面を口にした。

 浦和は前半20分までに2点を奪った。高い位置から積極的にプレスに出る札幌の背後をロングボール1本で破る決定機を作り、FW杉本健勇がPKと流れの中から1点ずつの2ゴールで一気にリードを奪った。ここまでの展開は、大槻毅監督も「2点を先に取れたところ、選手たちが表現してくれたところは、本当に準備段階から作っていこうとしたものなので、すごく良かった」と振り返った。

 しかし、ここから浦和は一方的な札幌ペースの試合にされてしまう。自陣深くまで攻め込まれると、マイボールがまったく安定せずに次々とセカンドボールを回収されて攻撃を受ける。最終ラインが持ち応えられず、前半のうちに同点に追いつかれた。槙野は「ボールを握る時間があまりにも短いので、2次、3次の攻撃も受けた」と話す。

 さらに言えば前半の2失点は今季に関して、既視感のあるものだった。ファーサイドへのクロスを長身FWジェイに決められた1点目、左利きのDF福森晃斗の利き足側をケアできずに簡単に上げられたクロスを再びジェイに押し込まれた2点目。槙野も「クロスからの失点が、今シーズンはチームとしてものすごく多くて、課題の一つなので、次の試合に向けてしっかり改善しないといけない」と危機感を口にした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング