「ヴィッセルに激震」 神戸、イニエスタら“スターの悲劇”に海外注目「運に見放されている」

ヴィッセル神戸MFイニエスタとDFフェルマーレンが柏レイソル戦で負傷交代【写真:高橋 学】
ヴィッセル神戸MFイニエスタとDFフェルマーレンが柏レイソル戦で負傷交代【写真:高橋 学】

イニエスタとフェルマーレンが前半に負傷交代した神戸は柏に2-3で敗戦

 ヴィッセル神戸は19日、J1リーグ第11節・柏レイソル戦で2-3と敗れた。前半のうちに元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを含めた負傷者が続出するアクシデントに見舞われ、海外メディアは「ヴィッセルに激震」と取り上げている。

 前節の鹿島アントラーズ戦では、後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決められ、2-2と引き分けた神戸。柏戦ではなんとしても勝利の欲しい状況だったが、前半から悪夢に襲われる。

 開始直後にイニエスタが相手選手と接触し、右足首を痛めてしまう。治療後、しばらくプレーを続けたが、前半22分にピッチに座り込んでしまい、続行不可能で途中交代を余儀なくされた。さらに同29分にはベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンも負傷交代を強いられた。

 試合は撃ち合いとなるも、最終的には2-3と競り負けて黒星。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「イニエスタとフェルマーレンが負傷し、ヴィッセルに激震」と大々的に取り上げ、助っ人外国人の相次ぐ負傷者に「最近、神戸は運に見放されている」と取り上げている。

「前半に2人のスター選手を失った」と、神戸にとって主軸となる選手の戦線離脱が勝敗に影響をもたらしたと主張している。

 負傷の詳細はまだ発表されていないが、不調な神戸にとってイニエスタとフェルマーレンを起用できないとなれば、大きな痛手だろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング