「ロッカールームで心が折れた姿」 “放心状態のメッシ”に反響拡大「ただボッーと…」

バルセロナFWリオネル・メッシのロッカールームでの様子に注目【写真:AP】
バルセロナFWリオネル・メッシのロッカールームでの様子に注目【写真:AP】

バルセロナはバイエルンに2-8の歴史的惨敗 ハーフタイム中に呆然とするメッシが話題に

 バルセロナは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、2-8と惨敗を喫した。前半終了時点で大量4失点を喫するワンサイドゲームとなったが、ハーフタイム中にバルセロナのロッカールームでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが失意を露わにする姿が話題となり、その反響が海外で拡大している。

 今大会はベスト8からはポルトガルでの集中開催で、本来のホーム&アウェー方式ではなく、一発勝負とこれまでにない異例の形式となっている。今季リーグ3連覇を逃したバルセロナにとってCLは無冠を避けるためにも是が非でも手にしたいタイトルだったが、ビッグクラブ同士の大一番は波乱の展開を迎える。

 開始早々の前半4分に先制され、同7分にオウンゴールで同点とするも、同21分、27分、31分と立て続けに失点。攻撃の糸口を掴めず、守備陣も崩壊状態となり、大量4失点で前半を折り返した。バルセロナの面々は3点差をつけられる絶望的な状況に困惑を隠しきれないままピッチを退いていた。そんななか、ハーフタイム中に失意に満ちたロッカールームの映像の反響が拡大している。

 スペイン紙「マルカ」は「ロッカールームでメッシは心が折れた姿」と見出しを打ち、「撮影されたロッカールームでは、メッシは何が起きたのか全く理解できない様子で、テア・シュテーゲンは真っ直ぐ遠くを見つめていた」と、バルセロナ一同が試合の折り返し地点ですでに戦意喪失していた状況を説明している。

 また、英紙「デイリー・エクスプレス」も「ハーフタイム中にメッシはどのようなリアクションを取ったのか」と大々的に取り上げ、「メッシは扉の外をボーッと見つめて、ただただ座り尽していた」と放心状態だったことを指摘。最終的に後半でも4失点を喫し、合計8失点とハーフタイム中での切り替えはできなかったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング