“銀河系”レアルの「最も奇妙な補強6人」 スター軍団の陰で期待外れだった選手とは?

レアル時代のグラベセン(左)とウッドゲート【写真:Getty Images】
レアル時代のグラベセン(左)とウッドゲート【写真:Getty Images】

グラベセン、ウッドゲート… “銀河系軍団”に定着できなかった選手たちを紹介

 多くのビッグネームを迎えて“ガラクティコ”(銀河系軍団)を作り上げてきたスペイン王者のレアル・マドリード。英サッカー専門サイト「Squawka」は、そのなかから「最も奇妙だった補強」としてレアルにフィットできなかった6選手を紹介している。

 1人目は2005年1月にエバートンから加入した元デンマーク代表MFトーマス・グラベセンだ。シーズン前にMFクロード・マケレレをチェルシーに放出した中盤の守備を支える存在として白羽の矢が立ったが、在籍期間はわずか18カ月のみ。前線にMFジネディーヌ・ジダンやMFルイス・フィーゴ、MFデイビッド・ベッカムらテクニシャンが揃うなかで定着することはできなかった。

 2人目は元フランス代表MFジュリアン・フォベール。フランスのボルドーでブレークした右サイドアタッカーはイングランドのウェストハム移籍を経て、2009年1月に買い取りオプション付きのレンタル移籍でレアルに加入した。しかし、層の厚いレアルでは1試合に出場したのみで退団。記事では「クラブの歴史上最も奇妙な補強だったかもしれない」と記された。

 3人目は元トルコ代表MFハミト・アルティントップ。双子の弟ハリル・アルティントップとともにトルコ代表として活躍したMFは、バイエルン・ミュンヘンとの契約満了となった2011年にレアルに加入した。シャルケでも活躍するなどドイツでは実績十分だったが、4年契約を結んだレアルでのプレーはわずか1シーズン、出場時間も計604分間に終わった。

 4人目は1999年にトルコのフェネルバフチェから移籍してきた元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルヴィル・バリッチ。移籍金は現在の価値で2600万ユーロ(約32億円)にも及び、2011年にマンチェスター・シティへ移籍したFWエディン・ジェコが更新するまでは、旧ユーゴスラビア人選手の最高額だった。しかし、負傷もあってレアルでの出場はわずか公式戦19試合と、期待外れの結果に終わってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング