Jリーグ全55クラブ「19年度人件費ランク」 “スター軍団”神戸が69億円で断トツ、J2勢1位は?

Jリーグが前55クラブの2019年度クラブ経営情報を開示【写真:高橋 学 & 小林 靖】
Jリーグが前55クラブの2019年度クラブ経営情報を開示【写真:高橋 学 & 小林 靖】

19年度の全55クラブ経営情報を開示、イニエスタ擁する神戸が2位以下を大きく引き離す

 Jリーグは30日、2019年度のクラブ経営情報を開示した。今回は、5月に新型コロナウイルスの影響により決算の確定が延期となった6クラブ(水戸ホーリーホック、栃木SC、東京ヴェルディ、横浜FC、レノファ山口、SC相模原)、3月決算の4クラブ(湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田、柏レイソル、Y.S.C.C.横浜)を加えて、全55クラブの情報を発表した。営業収益は55クラブ合計で1325億円(前年比+68億円)となり、クラブ別は前回5月に10クラブを除いて発表されたヴィッセル神戸のJ史上最高営業収益114億4000万円でトップは変わらなかった。

 チーム人件費では、ヴィッセル神戸が69億2300万円でトップに立ち、続く2位には名古屋グランパスが39億7300万円を記録。浦和レッズが32億2800万円で3位となり、J2の柏レイソルが29億4000万円で5位につけた。

 首位の神戸は、2018年夏にバルセロナから年俸30億円超えと言われる元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入し、昨季は元スペイン代表FWダビド・ビジャ(現役引退)も加わって、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(現アンタルヤスポル)とともに世界的スターがプレーした。また、MF山口蛍やDF酒井高徳ら日本代表クラスの即戦力も加わり、豪華な布陣となっていた。

 2位の名古屋も元ブラジル代表FWジョーやオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックら高額年俸の外国人選手が在籍。3位にビッグクラブの浦和、4位には18年にJ1連覇を果たした川崎フロンターレが29億5800万円で続く。

 また、元日本代表MF遠藤保仁らが所属する10位ガンバ大阪(24億3400万円)より上位につけたのが9位サガン鳥栖。19年度は20億円を超える赤字を計上したが、昨夏に現役引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスも所属し、チーム人件費は25億円超えとなった。また、5位の柏も10億円以上の赤字だった。

 J3ではロアッソ熊本が3億1000万円(39位)を記録しトップ。全55クラブの中で最下位は3200万円のY.S.C.C.横浜だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング