南野、アーセナル戦で決定機も… 現地が指摘した“致命的な欠点”は?「準備不足に見える」

アーセナル戦に途中出場し積極的なプレーをしたMF南野拓実【写真:AP】
アーセナル戦に途中出場し積極的なプレーをしたMF南野拓実【写真:AP】

決定機を迎えるも初ゴールならず…英メディアは一定評価もフィジカル面の課題を指摘

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間15日、プレミアリーグ第36節のアーセナル戦に途中出場。チームは1-2で敗れた。英メディアは南野がリバプール攻撃陣を活性化させたと評価する一方、致命的な欠点を露呈したと指摘している。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、プレミア歴代最多勝ち点(100/マンチェスター・シティが2017-18シーズンに達成)の記録更新を目指していることもあり、ここまで大幅なメンバー変更には踏み切らず、南野もベンチスタートとなった。

 試合は前半20分に華麗な連係からセネガル代表FWサディオ・マネが押し込んで先制。しかし、同32分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがバックパスを奪われて失点を招くと、同44分にはブラジル代表GKアリソンが犯したパスミスからの流れで勝ち越しゴールを許した。

 記録更新のために勝ち点3の獲得が必須となるリバプールは状況を打開するべく、後半16分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに代わって南野を投入。同18分にはマネの縦パスから力強いグラウンダーのシュートを打ってゴールを脅かし、前向きな入り方をする。

 すると、同22分に南野にとって最大のチャンスが到来する。ショートコーナーからの流れでボールがペナルティーエリア内にこぼれると、ゴール前で構えていた南野が鋭い反転から決定機を迎えるも、相手DFキーラン・ティアニーのフィジカルコンタクトに阻まれシュートまでは持ち込めない。

 南野は主審に対しファウルをアピールしたが、PK判定にはならなかった。試合はそのまま終了し、初ゴールはお預けとなった。そんななか、英メディア「Squawka」は南野のパフォーマンスについて、「リバプールに多くの創造性が求められているなか、南野がチームを押し上げ、息を吹き返せた」と一定の評価を与えている。

 その一方、致命的な欠点として「しかし、プレミアリーグで戦うだけのフィジカル的な準備不足であるように見える」と主張している。ゴール前で決定機を阻まれたシーンについての指摘だろうが、南野がプレミアに適応するには、フィジカルの強化は避けては通れない課題となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング