「レッドカード?」 メッシ、足裏で相手踏みつけ…「衝撃タックル」の瞬間に世界反響

ビルバオ戦に出場したFCバルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
ビルバオ戦に出場したFCバルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

メッシ、ビルバオDFへの踏みつけ行為で波紋 「世界で最も保護されたプレーヤー」

 バルセロナは23日のリーガ・エスパニョーラ第31節アスレティック・ビルバオ戦で1-0と勝利したなか、エースFWリオネル・メッシが相手を踏みつけた行為が話題を呼んでいる。海外メディアは「衝撃的なタックル」「レッドカード?」「世界で最も保護されたプレーヤー」と指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルセロナはビルバオ戦で苦戦を強いられるも、後半26分にクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが決勝ゴールを奪い、1-0と辛勝した。この一戦で脚光を浴びているのが、メッシのラフプレーだ。

 決勝弾が生まれる直前の後半23分、相手ゴール前でこぼれ球に反応したメッシが右足を伸ばした一方、スライディングでクリアを図ったビルバオDFイェレイ・アルバレスと接触。ここでメッシが右足裏で相手の足を踏みつける形となり、アルバレスはピッチに顔をうずめて苦悶の表情を浮かべた。

 結局、メッシにカードは提示されなかったが、このプレーを巡って様々な議論が起きている。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「リオネル・メッシがアルバレスを踏みつけたなか、ファンはレッドカードが提示されるべきだったと考えている」と伝え、問題のシーンについて「衝撃的なタックルで相手の足首を捉え、ディフェンダーが苦悶してピッチに転がった」と記している。

 またスペイン紙「マルカ」英語版も「メッシの踏みつけはレッドカードだった?」と疑問を呈せば、ロシア放送局「ロシア・トゥデイ」は「世界で最も保護されたプレーヤー」とレッドカード回避に触れている。

 メッシは3月7日の第27節レアル・ソシエダ戦(1-0)でも相手を踏みつけた行為に注目が集まり、「なぜ退場にならない?」と波紋が広がっていた。再び起きたメッシの危険プレー騒動は物議を醸しそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」