ジダン監督、”レアル贔屓”の判定説を否定 「レフェリーは我々の肩を持っていない」

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督【写真:Getty Images】

レアルの前節でVARの末にバレンシアのゴールが取り消された件でビダルやピケが反応

 レアル・マドリードは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第30節レアル・ソシエダ戦に臨む。すでに行われた首位バルセロナがセビージャ相手にスコアレスドローに終わったこともあり、勝利すれば首位浮上となる状況のなか、バルサDFジェラール・ピケが口にした発言に、ジネディーヌ・ジダン監督が反応する一幕が起きている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルサは19日に行なわれた一戦で0-0のドローに終わった後、ピケが「もうリーガ優勝は難しいと僕は思っている。できる限りのことはするけど、レアル・マドリードが勝ち点を落とす可能性は低いよ」と発言。レアルに対して波紋を広げる発言が多いピケにしては“弱気”に映るものだったが、ここには裏の意味があったのでは、とされている。

 それは、レアルの第29節バレンシア戦(3-0)で起きた一つの場面だ。前半21分にバレンシアのFWロドリゴが先制ゴールを決めたかに見えたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が発動。MFカルロス・ソレールのパスがFWマキシ・ゴメスに当たってロドリゴに渡った際、マキシ・ゴメスがオフサイドポジションだとしてゴールが取り消されたものの、非常に微妙なラインだった。

 この件について、バルサのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが自身のインスタグラムで言及するなど、審判が有利な判定をしているのでは――という言い分だが、スペイン紙「マルカ」によるとジダン監督はこのようにいなしたという。

「私が言わなければならないことは、我々が次の試合について考え抜いているということ。なぜなら今、我々にとって重要なのはその試合だからだ。多くの人のように文句を言うこともできるが、指導者としては一つの悪いことを言及しても何も変わらない。レフェリーは我々の肩を持っていない。それだけだ」

 リーガにおいて“レアル贔屓の判定説”はバルサなど他クラブからからたびたび出るところだが、雑音は気にせず戦うのみ。ジダン監督はその姿勢を貫いている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」