バルサアカデミー福岡校一期生の超絶カーブ弾に海外脚光 「ロベカルでさえ素晴らしいと思う」

バルサアカデミー福岡校一期生のFW木村治貴【画像は本人インスタグラムのスクリーンショットです】
バルサアカデミー福岡校一期生のFW木村治貴【画像は本人インスタグラムのスクリーンショットです】

昨季オハイオ州アシュランド大学のサッカー部でプレーした木村治貴の一撃に反響

 アメリカでプレーする日本人選手が過去に投稿した一本の動画が注目を集めている。右足で大きく蹴り出したシュートは、枠外から大きなカーブを描いてゴールへ一直線。鮮やかにネットを揺らし、海外メディアが「ロベルト・カルロスでさえこのカーブは素晴らしいと思うだろう」と称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今回、脚光を浴びたのはバルサアカデミー福岡校一期生のFW木村治貴だ。中学卒業後は東福岡高に進学するも、プロへの道を模索するため自主退学してアメリカへ留学。テニスの錦織圭も輩出した世界最大級の総合スポーツアカデミー「IMGアカデミー」に入った。昨季はオハイオ州にあるアシュランド大学のサッカー部に所属している。

 スペイン紙「AS」公式インスタグラムが、「ドーナツみたいな軌道」とひと言添えて投稿したのが、木村が今年の元日にSNSで公開したシュート動画だった。右足で大きく蹴り上げた一撃は、一度画面からフレームアウトするも大きなカーブを描いて急降下。吸い込まれるようにゴールに向かい、そのままネットを揺らした。

 サッカー専門サイト「433」公式ツイッターも「ロベルト・カルロスでさえこのカーブは素晴らしいと思うだろう」と“悪魔の左足”の異名を取った元ブラジル代表DFロベルト・カルロスを引き合いに出して“バナナカーブ”を称賛。海外ファンも「パーフェクトだ」「風?」「フェイクだ」と驚きを隠せない様子で反応を見せ、木村本人は取り上げられたことに「Thanks(ありがとう)」と感謝の言葉を綴っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング