復活の“リベロ”長谷部は「最も賢い選手」 独紙称賛…先発落ちの日々は「理解に苦しむ」

フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】

2戦連続でリベロとして先発、ヴォルフスブルク戦では7戦ぶりの白星に貢献

 フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、5月30日に行われたブンデスリーガ第29節ヴォルフスブルク戦(2-1)で2試合連続となる先発出場を果たすと、3バックの中央で最後方からチームを統率。攻守にわたってチームを牽引し、フランクフルトにリーグ戦7試合ぶりの白星を呼び込んだ。この同選手の活躍に対し、ドイツメディアからは称賛の声が相次いでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ドイツ紙「ビルト」は、ヴォルフスブルク戦の長谷部について「リベロとしての役割を果たし、最も良かった頃と変わらないプレーを見せた。不安定だったフランクフルトの守備に落ち着きと秩序をもたらしている」と論評。同選手のスタメン復帰によって、ディフェンスが以前よりもはるかに安定感が増したと分析している。

 一方、フランクフルトの地元紙「フランクフルター・ルントシャウ」は、長谷部の攻撃面での貢献を高く評価している。「フランクフルトが繰り出す鋭い鉤爪(かぎづめ)」と題した記事の中で、同紙のインゴ・ドゥルステヴィッツ記者は「アディ・ヒュッター監督が今のフォーメーションに戻すことをこれほど長い間拒んでいたのはなぜなのだろうか? チーム内で最も賢い選手である長谷部の起用を頻繁に断念していたことは理解に苦しむ」として、昨年末に4バックシステムが導入されてから先発を外れることもたびたびあった長谷部を巡る指揮官の方針に疑問を投げかけた。同時に、「長谷部がいることで試合の組み立てが可能になる。彼の状況を察知する能力は、並の選手よりもはるかに優れている。それは36歳になった今も変わっていない」と、長谷部の精度の高いパスと正確な状況判断を絶賛している。

 フランクフルトは、3日にアウェーで日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンと対戦する。前節ヴォルフスブルク戦から中3日での試合となるが、長谷部の3試合連続スタメン出場が有力視されている。2戦連続ゴールと勢いに乗っているチームメートの日本代表MF鎌田大地とともに、長谷部がブレーメン戦でのキーマンになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ