海外助っ人Jリーガー、見えない“再来日”に吐露 「スーツケースの準備はできている」

コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】
コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】

札幌FWアンデルソン・ロペス、コロナ禍で母国ブラジルに一時帰国

 J1北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、母国に一時帰国しているなか、首を長くして再来日の時を待っているようだ。「日本に戻るまで良いコンディションを維持する」「スーツケースの準備はできている」と語っている。ブラジルメディア「infoesporte」が報じた。

 新型コロナウイルスの影響でJリーグは開幕節後に中断していたが、6月27日からJ2とJ3リーグ、7月4日からJ1リーグの再開が決まっている。そのなかで再入国が不透明な状況で、シーズン再開に間に合わない可能性が出ているのが札幌のストライカー、A・ロペスだ。

 ブラジルメディア「infoesporte」は「Jリーグの再開が確認され、アンデルソン・ロペスはアジアの国に戻るための入国審査の開始を待つ」と報道。「ロペスは日本に1人でいたため、5月14日にブラジルに帰国する許可をコンサドーレ札幌の監督から得た。現在は妻が住んでいるポルトアレグレの街にいる」と現状を伝えている。

 A・ロペスは「クラブの人たちに確認し、ブラジルに戻り、家族と一緒に暮らすことを許可してくれた。日本に1人でいて悲しかったので、クラブもその状況を理解してくれた。パンデミックのこの困難な時期に、愛する人々の近くにいることほど良いことはない」

 自ら一時帰国を嘆願したというA・ロペスだが、Jリーグ再開が決まったなかで再来日を望んでいる。記事では「ロペスは立ち止まっていない。ストライカーは毎日、ポルトアレグレで専門家とともにトレーニングをこなしている」と言及。ブラジルで自主トレーニングに励む日々を紹介した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング