ミラン移籍浮上のマジョルカ久保、来季“レアル構想外”時のオプション優先度は?

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

1部残留を条件にマジョルカが最優先、第2候補が欧州大会の可能性があるソシエダか

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、シーズン終了後にレンタル期間が終了するため、去就が注目を集めている。レアル専門メディアは、武者修行の期間が続く場合、「マジョルカでの継続を望んでいる」とオプションの優先順位を見立てている。

「2020-21シーズンのマドリードにいられない場合の久保のお気に入りオプション」と見出しを打って久保を取り上げたのは、レアル専門メディア「Defensa Central」だ。

 久保は2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍し、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。

 レアル・ソシエダ、ベティス、パリ・サンジェルマン、ACミランなどが来季の新天地候補に挙がっている久保は、6月19日以降にレアルと話し合いの場が設けられるとされている。本人はレアルでのプレーを熱望しているが、EU圏外枠の問題もあり、構想入りは簡単ではない。記事でも、「タケ・クボがベルナベウでの位置を手にするためには、待たなければならない。彼の前にはロドリゴがおり、その後にはヘイニエルがいる。実際のところ定位置は詰まっていて、現在最後の枠はヴィニシウス・ジュニオールが有している」と伝えている。

 レアルBチームのカスティージャはスペイン3部相当での戦いとなるため、「クボにとって不可能なこと」と言及。他クラブへのレンタルとなると、「マジョルカでの継続を望んでおり、それが叶わない場合レアル・ソシエダがBプランになる」という。

「レンタルに出る可能性はすべてがスペインでのもの。それはラ・リーガのエリートでプレーするため国(スペイン)で続けていくということ。1シーズンを通してマジョルカでプレーし、定位置を勝ち取った。日本人選手はバレアレス州、すでにどういうものか分かっているビセンテ・モレノ監督の組織で続けることを第一希望としている。ただ、それはマジョルカが1部に残留した場合にのみとなる。もし2部へ落ちればそれは非常に難しいものになる。

 もう一つの大きなアイデアはサン・セバスチャン(ソシエダ)へ行き、マルティン・ウーデゴールの後継者になるということ。両クラブは数年前から深い友好関係があり、ベルナベウにはクボを譲るという可能性がある。これは選手にとって2番目のプライオリティーで、この場合欧州大会を経験するということにもなり得る」

 ジダン監督が久保に関してスペインでのプレーを希望しているとも報じられるなか、久保の去就はどのような進展を見せることになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング