異例ハットトリック! 圧巻2発と“高速3タッチ”オウンゴールに反響「信じられない」

フランクフルトDFヒンターエッガー【写真:Getty Images】
フランクフルトDFヒンターエッガー【写真:Getty Images】

フランクフルトDFヒンターエッガー、オウンゴールを含む”ハットトリック”に海外注目

 フランクフルトは23日のドイツ・ブンデスリーガ第27節バイエルン戦で2-5と敗れた。その一方で、オーストリア代表DFマルティン・ヒンターエッガーが異例のハットトリックをしたと話題を集めている。

 無観客なかで行われた一戦は、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカ、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーのゴールでバイエルンが後半途中まで3-0と圧倒。劣勢のフランクフルトは、ヒンターエッガーが後半7分と10分にコーナーキックからボレーとヘディングで連続ゴールを奪い、一時2-3と巻き返した。

 しかし後半16分、カナダ代表MFアルフォンソ・デービスに被弾。2-4とバイエルンにリードを広げられると、後半29分に、自陣エリア内でヒンターエッガーが相手のチャンスを防ごうとするも、こぼれ球を処理する際に高速3タッチシュートのような形でオウンゴールを献上。その前に2ゴールを挙げていたヒンターエッガーが、まさかの形で“ハットトリック”となった。

 フランクフルトは試合に2-5と敗れたなか、海外サッカーサイト「BeSoccer」は「ヒンターエッガーが3分間で2ゴール」と伝えつつ、「バイエルンを脅かし、ハットトリック」と注目。またグアテマラメディア「Sports PL」は「信じられない! ヒンターエッガーのオウンゴール!」と報じた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング