波紋を呼んだ“禁断移籍”、スペイン代表監督が回想「レアルは契約延長を望んだが…」

レアル・マドリードからバルセロナへと禁断の移籍をした現役時代のルイス・エンリケ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードからバルセロナへと禁断の移籍をした現役時代のルイス・エンリケ【写真:Getty Images】

レアルからバルサへ移籍金ゼロで移ったルイス・エンリケ

 スペイン代表の監督を務めるルイス・エンリケ監督は、現役時代の1996年にレアル・マドリードからバルセロナへ移籍し、国内の宿敵クラブへ“禁断移籍”とあって波紋を呼んだ。当時のことを振り返った様子をスペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ルイス・エンリケ監督は、「長い時間が経って、私のなかでは美しい思い出の一つになっている。私はレアルとの5年間の契約が終わった。その後の契約延長の交渉は合意に達しなかったんだ。彼らは契約更新を望んだが、合意できなかった。そこから私は、自分の行動通りの決断をしたんだ」と、レアルとの契約が合意に達しなかったことから移籍したことを明かした。

 移籍金ゼロでレアルから宿敵のバルサへ移籍したため、大きな反感を買った。当時の反応について「驚かなかった」と言うルイス・エンリケ監督は、「誰もが良いように言われたい。でも、この世界ではメディアで噂を流されると、様々なことを言われる。当時、カペッロ監督は『移籍金ゼロで移籍したことが理解できない』と話していたけれど、1人の選手としては満足感を覚えている」と振り返った。

 レアルのファンの怒りを増幅させたのが、クラシコでのゴールパフォーマンスだった。古巣のホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウの試合に出場したルイス・エンリケは、豪快なミドルシュートを決めると、臙脂と青のユニフォームを見せつけるように引っ張るゴールセレブレーションを見せたのだ。

 その行為について問われたルイス・エンリケ監督は「得点を挙げたクラブのためにも、ゴールは祝わなければいけない」と、ゴールセレブレーションまでが仕事だったと話している。

 2000年には、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴがバルセロナからレアルへ移籍したことで、バルサのファンを敵に回すこととなったが、こうした「禁断の移籍」が両クラブの対立を盛り上げるストーリーとなっているのは確かだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」