レアルMFクロース、各国リーグ再開の動きに持論 「ドイツがプレーできないなら…」

レアル・マドリードでプレーするMFトニ・クロース【写真:Getty Images】
レアル・マドリードでプレーするMFトニ・クロース【写真:Getty Images】

クロースが母国のリーグ戦再開に注目

 レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースが、新型コロナウイルスで中断中のリーグ戦に関して、いち早く再開を決めた母国ドイツ・ブンデスリーガの今後を「見守る」とし、「ドイツのリーグ戦がプレーできないのであれば、その他のリーグが続行することはできない」との持論を展開した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、一部を除く世界中の国々でサッカーのリーグ戦は中断を余儀なくされた。スペインのリーガ・エスパニョーラも3月中旬から試合が行われていないが、現在は6月20日からの再開プランが報じられている。

 オランダやフランスでは一足先にシーズンの中止が決まった一方で、ドイツでは16日から無観客試合での再開となる。レアルに所属するクロースはコロナ禍での試合開催の状況について、サッカー関係者はブンデスリーガの動向を注視することになるだろうと語った。

「ここでは、ドイツのリーグ戦がプレーできないのであれば、その他のリーグが続行することはできないという印象を誰もが持っている。ドイツはコロナウイルスの感染者数、死亡者数が(欧州5大リーグのある国で)最低だった。ブンデスリーガを終えることができないというなら、他のどのリーグでそれができるのか。ドイツリーグがどうなるのか、みんなで見守っていくことになると思うよ」

 2カ月間の空白期間を経て、いち早く再スタートを切るブンデスリーガ。無事に最後までシーズンを終えることができるのか。その行方に注目が集まる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング