リバプールには災難!? コウチーニョがバルサ退団の場合、最大18億円の損失と英紙指摘

バイエルンに期限付き移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
バイエルンに期限付き移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

コウチーニョをバルセロナに放出したリバプール、移籍時のオプション詳細は?

 バルセロナからバイエルンに期限付き移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得を目指し、チェルシーが交渉を開始したと報じられている。英紙「イブニング・スタンダード」によると、コウチーニョのチェルシー行きが決まった場合、コウチーニョをバルサへ売ったリバプールは十数億円を取り逃がすことになるという。

 コウチーニョは2018年1月にリバプールからバルサへ移籍。スペインでは期待に応えられず、今季はバイエルンへレンタルとなっている。新型コロナウイルスによる中断期間ながら来季の去就話が徐々に熱を帯びるなか、バイエルンは高額な移籍金を必要とするコウチーニョに対して買い取りオプションを行使することはないという。バルサへの出戻りが濃厚だが、チェルシーが獲得交渉を開始したと報じられるようになった。

 「イブニング・スタンダード」紙は、コウチーニョのチェルシー移籍が実現すればリバプールが十数億円を取り逃がすことになると指摘。コウチーニョは1億4100万ポンド(現在のレートで約187億円)でリバプールからバルサへ移籍したが、実際には1億500万ポンド(約139億円)のみが支払われ、残りの3600万ポンド(約48億円)はオプションとなっているという。

 バルサからリバプールに支払われるオプションは、25試合出場ごとに450万ポンド(約6億円)の支払いが最大4回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得で450万ポンド(約6億円)、CL優勝で450万ポンド(約6億円)という内訳。このうち、25試合出場オプションが2回とCL出場権獲得オプションの2シーズン分の合計1800万ポンド(約24億円)はすでに支払われている。

 もしもコウチーニョが今季限りでバルサを退団することになれば、リバプールは25試合出場オプションの残り2回分を取り逃がすことになる。さらに、コロナ禍によって中断しているCLでバルサはまだ優勝の可能性を残しているため、リバプールはCL優勝オプションも取り逃がすことになるかもしれない。その額は合わせて1350万ポンド(約18億円)だ。

 今季終了後にコウチーニョが移籍することは濃厚で、CL優勝のオプションを除いてもリバプールは900万ポンド(約12億円)を取り逃がすことになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング