Jリーグ、無観客試合での再開も視野 村井チェアマンが言及「まずは観戦者の安全を考慮」

Jリーグの村井チェアマン【写真:高橋学】
Jリーグの村井チェアマン【写真:高橋学】

非常事態宣言の“段階解除”を想定し、無観客試合を開催する可能性に言及

 Jリーグの村井満チェアマンは23日、NPB・Jリーグ第6回対策連絡会議後の会見に出席。「非常事態宣言下では無観客を含めて再開は難しい」という見解を示したうえで、宣言が緩和された際の無観客試合の可能性にも言及している。

 この日、JリーグとNPB(日本野球機構)は、新型コロナウイルス対策連絡会議の第6回会合と合同会見を開催。賀来満夫氏(東北医科薬科大特任教授)が率いる専門家チームとの情報共有を行った。

 会見で村井チェアマンは、「我々はスポーツ界が持つ国民に活力を与える自負もある一方で、しっかりとした備えをしないといけないと認識した」と語り、改めてリーグ再開に向けて慎重な姿勢を表明。「非常事態宣言下では無観客を含めて再開は難しい」としつつ、非常事態宣言が段階的に解除された際にはまず無観客試合で再開する選択肢にも言及した。

「まずは観戦者の安全を考慮しないといけないので、無観客も想定しないといけない。今までは観戦数を50%に制限するシミュレーションも細かにしてきたが、この段階からは無観客試合も相当な洞察が必要。シミュレーションのパターンに加えていきたい」

 リーグ中断当初は4月末から5月初旬にかけての再開を予定していたJリーグだが、事態の悪化に伴い日程は白紙となっている。一方でプロスポーツを開催することの意義も認識し、専門家チームと協議を重ねて再開に向けた最善策を今後も模索することになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング