バルサ指揮官、アカデミー出身選手への“要求”明かす 「より競争できるように…」

バルサのキケ・セティエン監督が下部組織出身選手を激励【写真:Getty Images】
バルサのキケ・セティエン監督が下部組織出身選手を激励【写真:Getty Images】

セティエン監督、下部組織出身選手に定位置奪取のため「さらなる成長」を求める

 これまでバルセロナは、数々の名手を下部組織から育て上げてきた。しかし、現在トップチームの指揮を執るキケ・セティエン監督は、アカデミー出身選手のレベルに満足していないようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスや同MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)らを輩出してきたバルセロナの下部組織は、これまで他クラブから羨望のまなざしを向けられてきた。だが、セティエン監督にとって、現在のアカデミー育ちの選手は物足りないという。アカデミーについて問われたセティエン監督は、「人々は何を求めているのか。アカデミー出身者なのか、成長を続けることなのか」と、逆に尋ねた。

 そして「私は、アカデミーが重要ではないと言いたいのではない。ただ、選手たちには必要なものが欠けていて、さらなる成長が求められる。より競争できるようにならないといけない。定位置を取るために、向上するように要求しているんだ」と、自身の考えを述べた。

 現在もアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら下部組織出身の選手はトップチームの主力として活躍し、FWアンス・ファティという新星も存在するが、その平均年齢は高まってきている。今後、ファンの期待に応えるとともに、セティエン監督を納得させるタレントは排出されるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング