英雄ドログバ、新型コロナの治療センター用に病院施設を提供 関係者も愛国心に感激

元コートジボワール代表ドログバ氏が新型コロナの治療センター用に病院施設を提供【写真:Getty Images】
元コートジボワール代表ドログバ氏が新型コロナの治療センター用に病院施設を提供【写真:Getty Images】

英雄ドログバ、新型コロナの治療センター用に病院施設を提供 関係者も愛国心に感激

 チェルシーなどで活躍した元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、自身の所有する病院施設を新型コロナウイルスの治療センターとして提供すると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。コートジボワールでは3月11日に最初の感染者が見つかってからこれまでに計574名が感染し、5名が亡くなっていると伝えられている。深刻な被害が出ているイタリアやアメリカのような大流行にまでは至っていないものの、今後さらに被害が拡大する可能性があり、国としても警戒心を強めて対応策を準備しているという。

 そうしたなかでコートジボワールの英雄として知られるドログバ氏は、旧首都のアビジャンにある所有の病院施設を新型コロナウイルスの感染拡大が起きた場合の治療センターとして提供するという。この病院はドログバが立ち上げた財団の活動の一環で建設されたもので、2016年にオープンしていた。

 アビジャンの地方議会長のヴィンセント・トー・バイ・イリエ氏は「愛国心のある行動と考えられるギフトをもらい、ドログバに感謝している」とコメント。国を思う英雄のアクションに敬意を示した。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング