久保建英が語るレアル戦への“大きな意欲” 「見上げると8万5000人がいるというのは…」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

新型コロナの影響でリーグ中断 12日に予定されていたレアル戦も延期に

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、本来なら現地時間12日に保有権を持つレアル・マドリードとの対戦を迎えるはずだった。しかし、リーグ戦は新型コロナウイルス感染拡大により中断。このタイミングで久保はスペイン紙「AS」のインタビューに応じ、レアル戦への思いを明かしている。

 19年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。ここまでリーガ・エスパニョーラ挑戦1年目で24試合3ゴールの結果を残している。新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグ戦が中断。非常事態宣言も出されるなかで、自宅待機の日々が続くこととなった。

 本来の日程では、マジョルカは12日にレアル・マドリードとのリーグ戦を控えていた。レアルから期限付き移籍中の久保にとって、所属元に実力を見せるチャンスでもあったが、残念ながら先の見えない延期となっている。そんななか、「AS」紙は久保にインタビューを行い、様々な事柄について質問をぶつけている。

 最初の質問はやはり、延期となってしまったレアル戦について。「注目していた試合だったか?」と問われた久保は「大きな意欲を持っていたのは事実です。僕にとってすべての試合が大事なものですが、この試合はとても特別なものでしたから」と回答し、率直な思いを吐露。そのうえで「ベルナベウ(レアルの本拠地)はあなたにどんな感覚をもたらすのか?」と問われると、次のように答えている。

「まだ僕はあそこでプレーしたことがないですが、とても大きな意欲があります。ウォーミングアップをして、見上げると8万5000人がいるというのは、とてもモチベーションになるものでしょう。あそこで悪いプレーをすることなんてできません」

 サンチャゴ・ベルナベウへの憧憬を明かした久保。ただ、再試合については「現時点ではこの状態が落ち着いて欲しいということしか考えていません。今あるもので一番大事なのは健康です」と冷静に語った。

 今回の対戦は残念ながら“お預け”となってしまったが、第一線で戦い続ける限り、チャンスはまた巡ってくる。大観衆の中で久保が堂々たるプレーを見せるのを、今から楽しみにしたいところだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング