トッテナム、コロナ禍でエースFWケイン売却か 史上最高270億円で承認と英紙報道

ビッグクラブへの移籍が噂されるトッテナムFWハリー・ケイン【写真:Getty Images】
ビッグクラブへの移籍が噂されるトッテナムFWハリー・ケイン【写真:Getty Images】

リーグ再開に対する会長との意見の相違もあり、ユナイテッド移籍の可能性が報じられる

 トッテナムのダニエル・レヴィ会長が新型コロナウイルスの流行による経済危機の影響から、イングランド代表FWハリー・ケインのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を認めると英紙「デイリー・メール」が報じた。ケインの移籍金はサッカー界史上最高額の2億ポンド(約270億円)と伝えられている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界中でサッカーイベントの開催が無期限で延期となっている。マッチデー収入はもちろん、シーズンが打ち切りになれば契約不履行でテレビ放映権料収入が見込めない可能性があり、世界で最も収益を上げているプレミアリーグでさえ深刻な被害が見込まれている。

 トッテナムは昨年オープンしたばかりの新スタジアムに総工費10億ポンド(約1350億円)を投じており、そのために6億3700万ポンド(約860億円)の借り入れがある状況。さらに昨夏に1億ポンド以上の大金を投じた選手の移籍金に関しても、8300万ポンド(約112億円)の借金が残っている。このコロナ禍で自身を含む選手以外のスタッフの給与カットを決断して批判を集めているレヴィ会長だが、資金繰りのためにもチームのエースストライカ―売却を認める方針を固めたようだ。

 ケインは中断中のプレミアリーグについて、6月中に完了できなければ再開すべきではないとコメントしていたが、クラブ存続のためにもシーズン再開を願うレヴィ会長はこの発言に怒りを感じていたという。両者の意見が相反していることも理由の一つに挙げられている。

「トッテナムのダニエル・レヴィ会長は経済不安とこのコロナウイルスの危機にイングランド代表キャプテンが送ったメッセージに対する怒りを理由に、世界記録の2億ポンドでハリー・ケインがマンチェスター・ユナイテッドに移籍することを承認するだろう」

 記事ではこのように記され、ケインのユナイテッド移籍の可能性が指摘されている。バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマール(1億9800万ポンド/約267億円)を超えるという歴代最高額のビッグディールは実現するのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング