リーガ中断も視野に? スペイン連盟が女子やフットサルの公式戦中止を決定

スペインサッカー連盟が女子とフットサルカテゴリーの公式戦中断を決定(写真はバルセロナの女子チーム)【写真:Getty Images】
スペインサッカー連盟が女子とフットサルカテゴリーの公式戦中断を決定(写真はバルセロナの女子チーム)【写真:Getty Images】

スペイン連盟が発表、国王杯決勝の延期も検討か

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染は、スペインでも深刻な問題になりつつある。スペインサッカー連盟は、女子とフットサルカテゴリーの公式戦中断を決定し、リーガ・エスパニョーラの中断も視野に入ってきた。衛星放送「ユーロ・スポーツ」スペイン版が報じている。

 スペインでは新型コロナウイルスの感染者が徐々に拡大しており、リーガ1部・2部では無観客試合の実施も始まった。そうしたなかでスペインサッカー連盟は、11日の発表で女子とフットサルカテゴリーの公式戦を中断。また、アマチュアの大会に関しても「少なくとも2週間はすべての試合を中止すべき」との声明を発した。

 そうしたなかで、男子のプロリーグであるリーガに関しても「状況を注意深く追跡することを求める」とした。また、スペイン国王杯の決勝戦も延期が検討され始めたという。

 イタリアではセリエAの4月3日までの中断が決まり、日本のJリーグも感染拡大を受けて当初の予定を延期して4月3日の再開を目指している。世界中に広まる新型コロナウイルスの影響により、各国のリーグ戦は緊急対応を余儀なくされている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング