久保建英、マジョルカ残留へ“全力モード”を宣言 「レアルのことを考えずに…」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ベティス戦で1得点1アシストの活躍を見せ、次節ヘタフェ戦に向けて好調を維持

 マジョルカの日本代表MF久保建英はリーガ・エスパニョーラ第25節ベティス戦(3-3)で今季2ゴール目を含めて全3得点に絡む活躍を見せ、その能力をアピールした。その久保が現地時間26日に記者会見に出席。次節ヘタフェ戦に向けての意気込みとマジョルカへの思いを語ったと地元紙「ディアリオ・デ・マジョルカ」が伝えている。

 ヘタフェ戦に向けて「準備する期間がまだあるし、日曜日に試合を戦うことを理解している。誰もがみんな準備できています」と準備が順調であることを口にした久保。それとともに、「彼らがミッドウィークにアヤックスと対戦していることは幸運で、それが終わるまでには僕たちのことを分析できないだろう。僕たちは1週間彼らについて考えていられるので、それが有利だと思う」と相手の過密日程はマジョルカにとって優位だとも感じている。

 自らが活躍したベティス戦について「シーズン終盤に向けて重要な勝ち点」になったと語る久保は、レアル・マドリードから期限付き移籍で加入している。それでも、今はマジョルカのために全力を尽くす気持ちをこのように発信している。

「レンタル中の選手は、今自分が所属しているクラブにすべてを尽くさないといけない。レアル・マドリードのことを考えずにです。マジョルカのことしか考えていません」

 このように力強く語った久保。一時期はレギュラーから外れる期間があったものの、ベティス戦でのプレーで魅せた実力をコンスタントに見せれば、マジョルカにとって至上命題である残留に向けての大きな力となるだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング