バルサ、コウチーニョで犯した“5大ミス”を英紙が特集 408億円の値引きも考慮か

コウチーニョは現在、バイエルンに期限付き移籍中となっている【写真:Getty Images】
コウチーニョは現在、バイエルンに期限付き移籍中となっている【写真:Getty Images】

リバプールは引き抜きを避けるための条項を盛り込む

 バルセロナは2018年の冬にリバプールからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを獲得した。しかし、コウチーニョはチームにフィットせず、現在はバイエルンへ期限付き移籍している。英紙「ミラー」は、リバプールが恩恵を受けているとして、バルセロナがコウチーニョについて犯した5つの間違いという特集を組んだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「ミラー」が第一に挙げたバルセロナの失敗は、リバプールに支払った高額な移籍金だという。2017年夏にもバルセロナはリバプールに対して、コウチーニョの獲得を打診したが、この時は断られている。その半年後に再びオファーを受けたリバプールは、バルサへの売却を決めている。

 この時の移籍金は1億4200万ポンド(約203億円)とされているが、当時のコウチーニョの市場価値は1億2300万ポンドであり、1900万ポンド(約27億円)は多く支払っていると記事は伝えている。

 第2の失敗として挙げられているのは、Jリーグのヴィッセル神戸へ移籍したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの穴埋めとして獲得したことだという。イニエスタとプレースタイルの異なるコウチーニョは、バルサの中盤の役割をこなせず、先発に組み込むためにはウイングでも起用されたとしたが、結局、バルセロナに居場所がなく、バイエルンへの期限付き移籍につながったと指摘されている。

 第3の失敗は、リバプールとの契約に生じているという。リバプールは過去にもアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノやウルグアイ代表FWルイス・スアレスといった主力選手をバルサに引き抜かれていた。これ以上、バルサの選手供給源とならないために、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)王者は、コウチーニョの移籍の際に今後3年間にわたって両クラブ間で選手の移籍がある場合は、1億ユーロ(約119億円)を上乗せするという条項を盛り込んだという。

 現在もエジプト代表FWモハメド・サラーらの獲得を目指しているとされるバルサだが、この条約によって、獲得は困難になる見込みであり、彼らのライバルであるレアル・マドリードが優位に立つとされている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド