ベンフィカがレアルFW獲得か 今冬レンタル加入…夏に完全移籍で24億円支払いも

レアル所属のマリアーノ・ディアス【写真:Getty Images】
レアル所属のマリアーノ・ディアス【写真:Getty Images】

今季44分の出場に留まるドミニカ共和国代表FWマリアーノ

 ポルトガルリーグで首位に立つベンフィカは、今冬の移籍市場でスペイン人FWラウール・デ・トマス・ゴメスをエスパニョールへ放出した。FWの選手層を厚くするために、レアルのドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアス獲得に動いていると、ポルトガル紙「オ・ジョーゴ」が報じている。

 1月の移籍市場中の選手補強を目指すベンフィカは、レアルの若手ストライカーに目を付けたようだ。今季、マリアーノはスペイン・スーパーカップの準決勝と決勝の2試合に出場したのみで、プレー時間はわずか44分に留まっている。

 ベンフィカは今冬の市場に期限付き移籍でマリアーノを獲得し、その契約には夏に完全移籍で買取ができるオプションを盛り込むことを希望しているという。

 レアルは2018年の夏にリヨンから買い戻しオプションを行使して、2150万ユーロ(約26億円)でマリアーノを再獲得。ベンフィカはこの金額に近い2000万ユーロ(約24億円)を支払うことになる見込みだ。

 リヨン時代には公式戦45試合で21ゴール6アシストを記録。放出時の4倍の移籍金で買い戻したレアルは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)が付けていた背番号7を与えたが結果を出せずに、今季からは24番を付けることとなった。出場機会を求めて新天地に活躍の場を移すか、スペインの首都に残るか。今後の動向に注目が集まる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング