U-23日本代表、サウジ戦は前半0-0 GK大迫がファインセーブ連発、勝負は後半へ

サウジ戦で先発したMF食野【写真:Noriko NAGANO】
サウジ戦で先発したMF食野【写真:Noriko NAGANO】

U-23アジア選手権初戦でサウジアラビアと対戦 日本は3-4-2-1システムを採用

 東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権がタイで開催され、日本代表は現地時間9日にサウジアラビアとの初戦に臨み、0-0で前半を終えた。

 今大会はJリーグ所属の選手にとってはオフ明けにあたるタイミング。この日のスタメンには、海外組として唯一選出のMF食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)が起用された。森保一監督は、3-4-2-1システムを採用して大会初戦に入った。

 立ち上がりからサウジアラビアの鋭い攻撃を受けた日本だったが、GK大迫敬介がファインセーブで救った。次第にペースを握るようになった日本は、前半24分には食野が左サイドからキレのあるドリブルでカットインしてシュートを放つ場面を作ったが、ゴールとはならなかった。

 逆に同29分にはサウジアラビアのMFガリブにカットインからの強烈なシュートを許したが、再び大迫がファインセーブ。一方で日本も同37分にMF旗手怜央が最終ラインの背後を取ってGKと1対1になったが、際どいオフサイドの判定。両者ともにチャンスを生かし切れなかった前半は0-0で終了し、後半勝負となった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング