神童フェリックス、古巣ベンフィカ時代を回想 「いかに自分が幸せだったか分かった」

ユース時代、ポルトからベンフィカへ移籍したことも議論を呼ぶことに

 ユース時代、ポルトガルの名門ポルトからベンフィカに移籍をしたことでも議論を呼んだ。「ポルトからベンフィカへ移籍した際も、多くの話がSNSに溢れた。選手たちが気に入らなかったことは分かっていたよ」と当時を振り返る。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ベンフィカの一員として、ポルトのホームスタジアムに戻ったフェリックスは当時、自信に満ちたプレーを見せて、1-1の引き分けを持ち込んだ。

「僕たちは0-1で負けていた。とても重要な試合で、僕たちが勝てば首位に立つことができた。そこで素晴らしいゴールを決めることができて、彼らの顔を見ながらゴールを喜んだ。あれは僕のための時間だったし、素晴らしい気分だった」

 ゴールという結果で周囲を黙らせてきたフェリックス。アトレチコでも、再び結果を出すことで自身の価値を証明できるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド