マジョルカ久保、6戦未勝利と停滞も…現地紙は後半の復調評価 「最も鋭い攻撃を見せた」

マジョルカMF久保建英は8試合連続で先発出場【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英は8試合連続で先発出場【写真:Getty Images】

グラナダ戦に8試合連続スタメンも0-1敗戦 スペイン紙はチーム最高タイ評価

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間5日、リーガ・エスパニョーラ第19節グラナダ戦に8試合連続で先発し、フル出場したもののゴールに絡むことができずチームも0-1で敗戦した。この日は出場停止になった主力選手が多く、3バックの布陣で臨んだチームは停滞したものの、現地紙「AS」では4バックに戻してから久保がチャンスメークに奔走したと評価している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この日のマジョルカはFWアンテ・ブディミルとMFイドリス・ハバを出場停止で欠き、苦手のアウェーマッチということもあって3-4-2-1システムを採用。久保はシャドーのポジションでキックオフの笛を聞いた。立ち上がりに右足でシュートを放ったものの、チーム全体がなかなか久保に良い形でボールを渡すことができず、前半24分にグラナダに先制点を許す苦しい展開となった。

 後半に入っても単独突破が目立つなど、なかなか久保らしさが光る場面は生まれなかった。しかし同紙は「ハーフタイムの再開後、試合内容は変わった。グラナダがモントーロを欠き、すでにゴールを奪ったのもあってか、マジョルカがボールを握ってコントロールできるようになった。久保はMFアレイシュ・フェバスの交代でフォーメーション変更し、4バックとなったマジョルカの中で最も鋭い攻撃を見せた」と、本来のポジションに戻ったことで良さを出そうとしていたと評価。3段階評価の採点でも、久保にDFフラン・ガメス、DFマルティン・ヴァルイェントと並ぶチーム最高タイの「2」を与えている。

 リーグ戦で6戦未勝利(1分5敗)となり、前半戦終了のタイミングで降格圏内の18位に転落したマジョルカ。久保の能力は明らかにチーム内で随一だが、彼を生かすメカニズムは後半戦に構築されるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」