「悔しいや残念という気持ちより…」 退任する國學院久我山監督、悲運の終幕に思い吐露

國學院久我山の清水監督【写真:Football ZONE web】
國學院久我山の清水監督【写真:Football ZONE web】

後半ATの失点で昌平に0-1敗戦 清水監督は今大会限りで退任

 第98回全国高校サッカー選手権は3日に3回戦の各試合が行われ、浦和駒場スタジアムでは國學院久我山(東京B)が昌平(埼玉)に0-1で敗れ姿を消した。今大会限りでの退任が決まっている清水恭孝監督は、「高校サッカーは人が成長できる良い場所」と、その思いを話している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 國學院久我山は前日に行われた2回戦の専大北上(岩手)戦で、後半に退場者を出し約30分間を10人でプレー。そして0-0でもつれ込んだPK戦を6-5で制していた。1回戦が12月30日の開幕戦に割り当てられ、他校よりも1日早く終わっていたとはいえ、大会3試合目。2回戦から登場し2試合目の昌平と比較すれば、その要素は特に後半の運動量の部分で重くのしかかった。清水監督も「昨日に10人でやったこともありますし、疲弊はしていましたね。ただ、このレギュレーションは始まる前からのことですから」と無念さを滲ませた。

 試合全体を通してみれば、特に前半はボールを保持しながら攻撃を模索したものの、このパスが通れば大きなチャンスというタイミングで、パスが引っかかってしまった。清水監督も「相手のプレスのラインを越えればダイナミックに良さを出せるという話もしていました。それが出せたのも何回かありましたし、出しきれなかった面もあると言えると思います」と話す。後半が厳しくなったこともあり、終わってみればシュート数は3対17で苦戦の色はクッキリとした。

 それでも、後半アディショナルタイムに決勝点を許すまで必死に守る姿勢は、一つの良さでもあった。特に、前日の2回戦でハーフタイムに交代を命じられていたDF保野友裕は、パートナーのDF加納直樹が前日の退場処分で出場停止になるなか、この試合もスタメンを任せられた。清水監督は「昨日一日、彼も苦しかったと思いますけど、こうやって自分や周りと鼓舞しながら成長できるのが、スポーツの良さですよね」と話す。そして、高校サッカーという舞台への思いをこう話した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」