エイバル乾、高速ドリブル&ダブルタッチがリーガ公式「今節ベストスキル集」に選出

エイバルのMF乾貴士【写真:Getty Images】
エイバルのMF乾貴士【写真:Getty Images】

今季初ゴールを挙げたグラナダ戦、前半38分には敵陣内で華麗な2人抜きを披露

 スペイン1部リーガ・エスパニョーラはウィンターブレイクに突入し、2020年は1月3日に第19節が行われる。リーグ公式ツイッターは、年内ラストの試合開催となった第18節を対象に「ベストスキル」を厳選。エイバルの日本代表MF乾貴士の華麗なドリブル突破も選出されている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季2年ぶりに古巣エイバルに復帰した乾は、リーグ戦13試合に出場して1得点2アシストをマーク。その待望の今季初ゴールが生まれたのが、年内ラストゲームとなった現地時間20日のリーガ第18節グラナダ戦(3-0)だった。

 左サイドハーフで先発出場すると、ドリブルで仕掛けるなど積極的なプレーを披露。2-0で迎えた後半42分には、ドリブルで持ち込んだFWキケ・ゴンザレスが左サイドの乾へパス。やや長くなったボールに追いついた乾に対し、相手GKが飛び出してきたなか、ゴールライン際から一つ中央へ持ち出して迷わず右足を振り抜くと、豪快な一撃がファーサイドのゴールネットに突き刺さった。角度がほとんどない位置から決めた技ありの一撃は、チリメディア「EN CANCHA」が「不可能と思われるゴールを決めた」と称えるなど注目を集めていた。

 その乾は、グラナダ戦でテクニックでも魅せた。前半38分、敵陣の左コーナー付近でこぼれ球を拾った乾は、ワンタッチで相手MFアントニオ・プエルタスのタックルをかわし、ゴールライン際をドリブル突破。さらに、スピードに乗ったなかでダブルタッチでDFビクトル・ディアスを鮮やかに交わしてみせた。ラストパスはグラナダの選手にクリアされたが、乾の華麗な個人技に本拠地イプルーアは大きく沸いた。

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの得意技として知られるクロケッタ(ダブルタッチ)をリーガ・エスパニョーラ日本語版公式ツイッターは「乾貴士選手の脅威の2人抜き!」と綴っていたが、「#LaLigaSantander 第18節ベストスキル集」として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの超絶トラップからのシュート、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(いずれもバルセロナ)のバックヒールパス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)の足裏テクニックなどとともにノミネートされている。

 5勝4分9敗の16位で2019年を折り返したエイバル。新年はさらにピッチで躍動する乾の姿をファンも待ち望んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」