「クリスマスプレゼント」 久保建英、元レアルDF攻略の“完璧突破プレー”に海外注目

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカはセビージャに黒星も久保が試合開始早々に決定機を演出

 マジョルカは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第18節でセビージャと対戦し、ホームで0-2の敗戦を喫した。降格圏突入の危機に瀕するチームだが、先発フル出場の日本代表MF久保建英が試合開始早々に披露した決定機演出の圧巻プレーにスペインメディアが注目している。

 バルセロナ、レアル・マドリードに次ぎ、リーグ3位につける強豪セビージャをホームに迎えたマジョルカだが、前半20分にセットプレーから相手DFジエゴ・カルロスに先制点を与えてしまう。同43分にFWアンテ・ブディミルがネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により無効となった一方、後半18分にはVAR判定によりPKを献上し、これを決められて万事休すとなった。

 一方、海外メディアは試合開始早々に久保が生み出したチャンスに注目。前半2分、右サイドでロングフィードを受けた久保が華麗なボールタッチを見せると、マッチアップしたスペイン代表DFセルヒオ・レギロンを瞬発力あるドリブル突破で置き去りにし、右足でグラウンダーのクロスを供給。フリーのFWラゴ・ジュニオールに合わせるも、ゴール目前で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。

 リーガ公式が運営する「LaLiga TV BAR」は公式ツイッターで「久保がクリスマスプレゼントを贈与」と文章を添え動画を投稿すると、スペイン紙「マルカ」は「久保建英がレギロンを置き去りにし、すべて完璧にこなした。エリア内にボールを供給したが、ストライカーがふかした」と説明している。

 スペイン紙「AS」は「久保建英がレギロンを振り切るスピードの変化を見せるスペクタクルな動きで深い位置まで侵入しボールを送った」と称賛の言葉を送っている。今節の他会場の結果次第では、降格圏に転落する危機に陥っているが、久保の披露した才能の片鱗に、スペインも熱視線を送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング