久保建英、夢のカンプ・ノウで進化を証明 バルサ番記者も称賛「素晴らしい才能を目撃」

「フットボール・マジョルカ」のアルベルト・セルコス記者【写真:Football ZONE web】
「フットボール・マジョルカ」のアルベルト・セルコス記者【写真:Football ZONE web】

マジョルカの地元記者も脱帽 「18歳だけど強い個性を備えている」

 久保は試合後、バルセロナ戦について「幸運にもフル出場することができた。全力を尽くしたが十分ではなかった」と振り返った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ボールを持つたびに大ブーイングを受けたことについて、「ブーイングは観衆の決断だ。僕が自分の決断を下した一方、彼らには僕にブーイングをする権利があると思う。でも僕に拍手を送ってくれる人もいたし、それが力になった」と、“禁断の移籍”を果たしたことにより起こりえる事態であることを理解していた。そして、「18歳の少年ではなく、ライバルとして見てくれた。そのことが嬉しい」とも語っている。

 スペイン紙「マルカ」は、この日の久保の評価について、GKマノロ・レイナ、FWブディミルと並ぶチームトップの2点(最高3点)を与えている。またチームMVPに選出し、「いいパフォーマンスだった。カンプ・ノウでブーイングを浴びせられた」と評価。また「チームで最も素晴らしい選手だった」とも伝えている。

 一方、スペイン紙「AS」の久保の評価は1点(最高3点)。トップは2得点を決めたブディミルで3点、続いてさらなる大量失点を防ぐ役割を果たしたレイナが2点。その他の選手たち(FWアブドン・プラッツのみ出場時間が短く評価なし)は皆、久保と同じ1点だった。

 地元マジョルカのウェブメディア「フットボール・マジョルカ」のアルベルト・セルコス記者は試合後、この日の久保のプレーについて、「とてもアクティブだったし、カンプ・ノウでブーイングを受けるなか、試合を通じて自分が本当に素晴らしい選手であることを証明しようとする意欲に溢れていた。18歳だけど強い個性を備えているし、ボールを持った時のプレーやボールを求める姿勢はポジティブだったよ。私は久保が今日、マジョルカで一番良かったと思う」と称賛した。

 一方、スペインのラジオ局「オンダ・セロ」でバルセロナ番を務めるアルフレド・マルティネス記者は試合後、「今日は彼にとって、感情的なもの、そして対戦相手のクオリティーによりとても難しい試合だった。カンプ・ノウはフットボールをプレーする若い選手にとって、ベストのピッチではないと思う。心理的なプレッシャーがあっただろうし、観衆が選手の上に重くのしかかっていたからね」と、久保にとって激しく、重圧のある非常に難しいゲームだったことを強調した。

高橋智行

たかはし・ともゆき/茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、スペインリーグを中心としたメディアの仕事に携わっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」