久保建英、夢のカンプ・ノウで進化を証明 バルサ番記者も称賛「素晴らしい才能を目撃」

バルセロナと初対戦したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
バルセロナと初対戦したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】ブーイングを浴びた古巣バルセロナ戦、動じずに好プレーを継続

 日本代表MF久保建英は7日、下部組織で4年間を過ごした古巣バルセロナとリーガ・エスパニョーラ第16節で対戦。マジョルカで5試合連続のスタメン出場を果たし、幼少時代に夢見たカンプ・ノウのピッチに初めて立った。

 ホームで行われた前節ベティス戦、久保は4試合連続で先発し、チームで最も評価される一人となるプレーを見せた。しかしマジョルカは前半だけで2点差をつけられ、1-2で敗れ2連敗を喫した。15試合を終えて4勝2分9敗の勝ち点14と、降格圏ギリギリの17位となっていた。

 今回の対戦相手であるバルセロナは、久保が少年時代に下部組織に在籍していた、言わずと知れた世界屈指の強豪クラブ。10月26日に開催予定だったレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”が、カタルーニャ独立を強行に進め失敗した同州政府幹部9名に対し、長期の禁固刑が言い渡されたことによる抗議活動が激化したため12月18日に延期され、1試合少ないものの通算成績は14試合10勝1分3敗の勝ち点31で、レアルと並び首位に立っていた。

 キックオフ時間は21時と遅いものの、気温は15度とカンプ・ノウはそれほど寒くはなかった。試合前日にFWラゴ・ジュニオールの負傷欠場が決定したこともあり、久保は5試合連続の先発出場を果たしている。

 システムはベティス戦の4-3-3から4-4-2に変更され、久保はいつもの右サイドハーフでプレー。しかし前節、敵地で強豪アトレチコ・マドリードを撃破し、勢いに乗る首位チームを止めるのは非常に難しいものとなった。

 キックオフから完全にバルセロナにゲームを支配され、前半17分までにFWアントワーヌ・グリーズマン、史上最多6度目のバロンドールを手にしたFWリオネル・メッシに、立て続けにゴールを許してしまう。

 また、“ラ・マシア”(バルセロナの下部組織)で育ちながらレアルと契約したことにより「裏切り者」と見なされた久保は、ファーストタッチから試合終了まで激しいブーイングを浴び続けた。しかしこれは、久保がその実力を認められ、相手にとって怖い存在であることを知らしめるものでもあるだろう。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング