群馬が3年ぶりのJ2復帰! 3連勝で2位の座を死守…J2・21位の鹿児島はわずか1年でJ3降格

J3群馬がJ2昇格を決めた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
J3群馬がJ2昇格を決めた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

J3最終節で福島に2-1勝利、ラスト3連勝で藤枝との昇格争いを制す

 J3のザスパクサツ群馬は8日、リーグ最終節の福島ユナイテッドFCとのアウェーゲームに2-1と勝利し、3年ぶりのJ2復帰を決めた。この結果、J2リーグ21位でシーズンを終えていた鹿児島ユナイテッドFCの1年でのJ3降格が決定した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 すでにギラヴァンツ北九州の優勝とJ2昇格が決まっていたJ3リーグは、自動昇格のもう1枠となる2位の座を巡る争いが最終節までもつれていた。第33節終了時点で2位の群馬は、3位の藤枝MYFCと勝ち点「60」で並んでいたが、得失点差が「14」離れているため、最終節で勝てばほぼ昇格を決められる状況だった。

 そのなかで布啓一郎監督が率いる群馬は、前半を0-0で折り返すも後半3分に敵陣中央のFKからDF渡辺広大が決めて、待望の先制ゴールを奪う。さらに同10分には、途中出場のFW髙澤優也がPKを確実に決めて2-0とリードを広げた。2017シーズン以来のJ2復帰に向けてカウントダウンが始まるなか、同39分に福島に1点を返されるものの、そのまま2-1で試合終了。3位藤枝も北九州に1-0で勝利し、ともに勝ち点を「63」に伸ばしたが、得失点差で群馬が上回った。昨季5位に終わった悔しさを晴らす形で、ラスト3試合を3連勝で駆け抜けて2位の座を死守し、布体制2年目でJ2復帰を勝ち取った。

 一方、J2ライセンスを持っていない藤枝が2位になれば、残留が決まるはずだった鹿児島は、この結果を受けてJ3降格が決定。昨季悲願のJ2昇格を果たしたものの、わずか1年でJ3の舞台へ戻ることになった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」