「ここに残りたい」 コウチーニョ、バイエルン残留希望を告白「すべてがフィット」

バイエルンのMFコウチーニョ【写真:Getty Images】
バイエルンのMFコウチーニョ【写真:Getty Images】

公式戦18試合で3得点5アシスト チームも「いい方向に向かっている」

 バルセロナから期限付き移籍でバイエルン・ミュンヘンに加入しているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、どうやらドイツでの生活が肌に合っているようだ。「とても快適。(ドイツに)残りたい」と語ったと、スペイン紙「マルカ」が報じた。

 インテルやリバプールでプレーしてきたコウチーニョは、2018年1月の移籍市場でバルセロナと5年契約を結び、スペイン王者の一員となった。移籍金は最大1億6000万ユーロ(約193億円)で、バルセロナのクラブ最高額記録を更新した。

 しかし、バルセロナではその大きな期待に応えることができず、放出の噂が徐々に過熱。そして買い取りオプション付きの期限付き契約で、今夏バイエルンへと移籍した。初挑戦のドイツではここまで公式戦18試合に出場し、3得点5アシストを記録している。

「非常に快適だ。今年はここに残る予定で、今はここで過ごす時間に集中している。すべてがフィットしている。ここに残りたい」

 27歳となったプレーメーカーはこのように語り、バイエルンで非常にやりやすさを感じているという。シーズン途中にニコ・コバチ監督が解任されたが、コウチーニョは後任のハンジ・フリック暫定監督のマネジメントにも満足しているという。

「彼(フリック)のやり方を僕らは理解していて、いいプレーができている。いい方向に向かっているよ。フリックは選手全員が重要だと感じさせてくれている。僕らはハッピーだ。まだまだやるべきことはたくさんあるけどね」

 バイエルンで完全復活を印象づけているコウチーニョ。来季以降の去就は未定だが、引き続きドイツでプレーすることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング