久保建英は「チームで最も才能がある」 卓越した修正力をスペイン地元紙が絶賛

マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】

久保は先発出場が少ないなか、チームトップクラスのチャンスメーク数をマーク

 日本代表MF久保建英は、現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節の敵地レバンテ戦(1-2)で同点ゴールを演出した。初得点を挙げた前節ビジャレアル戦(3-1)に続いてゴールに絡むなど、存在感を高めているが、スペイン紙「エル・ムンド」の地方版は「チームで最も才能がある」と高く評価している。

 レバンテ戦でもスタメンに名を連ねた久保は、左サイドハーフとして序盤から攻守に積極性を見せると、0-1で迎えた後半10分に輝きを放つ。相手のクリアボールをスペイン人DFジョアン・サストレが奪うと、敵陣右サイドに回っていた久保がキープ。相手2人を引きつけ、フリーで駆け上がったサストレに縦パスを通し、そのクロスをスペイン人MFダニ・ロドリゲスが決めて同点に追いついた。

 リーガ初ゴールに続き、同点弾のチャンスメークと2試合連続で得点に絡んだが、スペイン紙「エル・ムンド」のバレアレス州地方版は「タケ・クボ、日本人のチャンスメーカー」との見出しで久保の特集を組んだ。

「先発出場(5)は試合数(11)の半分以下にもかかわらず、久保はマジョルカで最もゴールチャンスを演出した選手となっている。必要性が高いマジョルカにあって、相手エリア内の霧の中で灯台の火を灯すためにタケ・クボがやって来た。(ビセンテ・)モレノ監督のチームでおそらく最も才能がある日本人選手はそれだけの力があるが、同時に最もエキスパートではない。スペースが彼の不在を際立たせる時に最後の数メートルでチームにビジョンと質を与えている」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング