メッシとボールは夫婦以上の絆!? 6人翻弄の華麗な“反転ドリブル”にドイツ誌が感嘆

アルゼンチン代表FWメッシ【写真:AP】
アルゼンチン代表FWメッシ【写真:AP】

バランスを崩すも失わないボールコントロールを「コースターの上に横たわる」と表現

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間18日に行われた国際親善試合ウルグアイ戦(2-2)で、相手FWエディンソン・カバーニら6人を翻弄する流麗なドリブルを披露し、海外メディアの注目を集めた。その反響はとどまることを知らず、ドイツ誌はメッシとボールの関係性を夫婦に例えて称えている。

 試合は前半34分、ウルグアイがFWルイス・スアレス→カバーニのホットラインで先制。後半お互いに1点ずつを取り、ウルグアイの1点リードで迎えた同アディショナルタイムにメッシがPKを決めてアルゼンチンが追いつき、南米のライバル対決は2-2のドロー決着となった。

 メッシはカバーニとの一触即発の口論が注目を浴びた一方で、本来のプレーでも観客を魅了した。

 前半22分、敵陣のピッチ中央で横パスを受けると、反転してMFマティアス・ベシーノとカバーニのマークを突破。MFルーカス・トレイラにぶつかられてバランスを崩すもボールを失わず、反転とFWセルヒオ・アグエロとのパス交換でトレイラとマルティン・カセレスを崩し、さらにゴール前で待ち構えるマーカー2人を引き付けて左サイドにパスを供給した。

 1人で計6人を相手にする離れ業も、もはやメッシにとっては朝飯前。ドイツスポーツ誌「11 Freunde」は、「コースターの上に横たわる」との表現で「メッシがウルグアイを翻弄」とレポート。夫婦を例に挙げ、メッシとボールの“固い絆”に注目している。

「アンジェリーナ・ジョリー/ブラッド・ピット、サラ・エンゲルス/ピエトロ・ロンバーディ、ヘレーネ・フィッシャー/フロリアン・シルベライセン。これらは、リオネル・メッシ/ボールと何が違う? 彼らはアルゼンチンのゲームマシンよりも簡単に離れ離れになれる」

 記事では、まるで“ボールは友達”と言わんばかりのメッシとボールの関係は、夫婦の絆を上回るものだと主張。そんな比喩が出るほど、メッシのテクニックが別次元という証明だろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」