スペイン1部レガネス、元日本代表アギーレ監督招聘か 現地注目「彼にとって最後の冒険」

レガネスがアギーレ氏を招集か【写真:Getty Images】
レガネスがアギーレ氏を招集か【写真:Getty Images】

かつて日本代表で指揮したアギーレ氏、最下位に沈むレガネスの監督に就任の可能性

 リーガ・エスパニョーラは日本代表MF久保建英(マジョルカ)やMF乾貴士(エイバル)が戦いの場としており、注目度が集まっている。そんななか、1部レガネスはかつて日本代表を率いた経験のあるハビエル・アギーレ氏を次期監督として招聘する最有力候補だとスペイン紙「AS」が報じた。

 2015-16シーズンに1部昇格を果たしたレガネスは小規模クラブながら初挑戦となった1部リーグで3シーズン連続の残留を果たし、2017-18シーズンのスペイン国王杯で準決勝進出を果たした。しかし今シーズンは12試合を終えた時点で1勝2分9敗の最下位。降格回避へチームの立て直しが急務となっている。

 クラブは現在マウリシオ・ペッレグリーノ前監督の暫定としてルイス・センブラノス氏を指導者に置いているものの、「クラブは次の正式監督となるために、ハビエル・アギーレとの交渉を進めている」とコンタクトを取っていることを同紙は明かしている。

 アギーレ氏について同紙は今夏のアフリカ選手権で率いたエジプト代表監督を解任されて現在はフリーの立場であり、リーガでの始動は2014年、エスパニョールを率いて以来となる。メキシコや日本でも監督を務めた経歴に触れつつ、「2011年にはサラゴサを救い、2013年にはエスパニョールでも同じことをした。しかし現在のレガネスよりも厳しい状況ではなかった」と今回の残留タスクがいばらの道であるとしている。

 記事では「彼にとってラ・リーガでの最後の冒険」とも表現されている。同じく残留を目指す立場の久保のマジョルカ、乾のエイバルとの対戦は注目度が高まりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング