敗戦に激怒のファン暴徒化 前代未聞の破壊行為…ピッチ上で選手と揉み合い、看板は大炎上

インドネシアでサポーターがスタジアム破壊(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
インドネシアでサポーターがスタジアム破壊(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

インドネシア1部ペルセバヤの一部サポーター団体が試合後に暴徒化

 インドネシア1部リーグで、衝撃の“事件”が発生した。サポートするチームの不甲斐ない出来に腹を立て、暴徒化したファンが怒り狂ってピッチに侵入。さらにはスタジアムの破壊にまで至る事態になっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 標的となってしまったのは、インドネシア1部で中位に位置するペルセバヤ。現地時間29日のリーグ第25節PSSスレマン戦は、常に先行される展開で2-3の敗戦を喫した。これでチームは3連敗、6戦未勝利と不振が続いており、業を煮やしたファンの不満が試合後に爆発してしまう。

 インドネシアのテレビ局「MNC TV」公式ツイッターが公開した映像では、大量のファンがピッチや陸上トラック上を走り回り、コーナーフラッグは引き抜かれ、挙句の果てに選手との揉み合いも発生。発煙筒が投げ捨てられ、看板は掲出場所から引き抜かれてゴールネットとともに燃やされ、目を疑うような炎上状態となるなど、前代未聞の破壊行為に発展した。

 米テレビ局「CNN」のインドネシア版によると、今回の事件は「ボネク」と呼ばれるペルセバヤのサポーターグループによって引き起こされた。ペルセバヤは今後、被害に遭ったゲロラ・ブン・トモ・スタジアムの使用を禁じられる可能性もあるという。

 チームへの愛が、明らかに間違った形で表出してしまったペルセバヤでの破壊行為。クラブが補償を行うとも報じられているが、前代未聞の事件をどのように収束させるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も